ブログ
BLOG

そうじをすると幸せになるということ

2014年02月20日
テーマ
職場のハグニケーション

こんなに寒いのに あと1ヶ月ちょっとで 新入社員の方が入社してくる季節です。 新人のスタートをサポートする メンター・メンティ研修の打ち合わせに 行ってきました。 去年、研修を受けてくれた 新人さんたちも春からは先輩です。 「新人らしく自分たちにできること」 と、人事担当者の方といっしょに 朝から、 玄関前と駐車場のお掃除&あいさつ運動を していました。 各部署に配属してから、数ヶ月で 朝の掃除&あいさつ運動はやめになりましたが 人事部の新人さんだけは この11ヶ月、ずっとひとりで続けているそうです。 どうしてだと思いますか? それは・・・ 上司がずっと続けているのです。 新人が全員やめても 上司は毎日毎日誰よりも早く来て ひとり黙々と掃除をしているそうなんです。 上司の方に聞いてみました 「どうして続けているのですか」 社長が常務になったとき、 毎日ひとりでトイレ掃除をしていた話を 先輩から聞いたからです 誰もがいやがる事を 自分がやらなきゃ、 誰もやるわけないじゃないですか。 関西に生まれて 阪神淡路大震災を大学時代に体験し 生き方や考え方が変わった事 自分に子どもができてから 意識が高まったこと 人が何かをやりきるためには リーダーは身を以て示すしかないと 思っていることを話してくれました。 社長がよく話してくれる 「一芸に秀でる」 とはこういうことを継続できることも 含まれるんじゃないかと思っているんです 僕がやっていることで ○○さん(新人)は止めにくくて いやだなぁーと思っているかもしれませんよ! などといいながら笑っていました。 ずっと上司と2人で続けてきた 新人の女性に ほかの新人さんたち 途中でやめちゃったけど 続けてみてどう?? と聞いてみたら 毎日寒いです(笑)ニコニコ でも、今度はもうちょっと外まで 掃除しようかなぁとか 今度はここをもっときれいにしたいとか 思うようになりました。ニコニコ 別の社屋の社員さんから 「いつも朝掃除してるよね、見てるよ」 と声かけてもらえたりしてとっても嬉しい事も たくさんあります。ニコニコ と話してくれました。 よく、そうじをすると 幸せになるとか 売上が上がるとか 急に営業成績が良くなるとか 言いますが 新人さんが体験しているように 朝の寒くて元気が出ない時間に 早く会社に行って 玄関先を美しくし 出社してくる先輩方を あいさつで迎えるという習慣は 知らず知らずのうちに、 自分の心が整い、 先輩から可愛がられ 何かのときには教えてもらったり 助けてもらったりできるような そんな存在になっていくので 仕事ができるようになり 成果を出しやすくなり 成長を実感できて 仕事も楽しくなり 一年後には 新人さんから 頼られる存在になっていくんだと思います。 新人研修は、去年の新人さんと一緒に プログラムを作ることにしました。 インタビュー&レポートの宿題が楽しみです。 職場を好きなる 家庭を好きになる 街を好きになるために 自分がその「場」とどうか関わっているのか そんなことを思っています。 はぐはぐ。

最新記事

2019年11月30日

テーマ


月別アーカイブ


このページのトップに戻る