ブログ
BLOG

第6回 羽島の介護イベント

2018年02月12日
テーマ
イベント
今年で6回目になる羽島の介護イベント。

今年は認知症フォーラム2018として
岐阜県グループホーム協議会の主催で開催されました。
▶︎第1部・
テレビのコメンテーターでも有名な結城康博先生の講演では、
これからの時代、親と子が認知症のことや死についても

一緒に考えたり話したりする事が大切だというのがとても印象的でした。
▶︎第2部・
感動事例発表会
とにかく介護で働く人は優しい人が多いなぁ。
諦めないで人に向き合うことで、人の人生の最期に向き合い
「ありがとう」を言われる仕事。

毎年ですがいつも一緒に暮らしていた祖父母を思い出して泣けちゃいます。
▶︎第3部・
わおん爆笑劇団の爆笑認知症寸劇!
これがクオリティ高い☆
ご飯食べたばかりのおじいちゃんに、「ご飯食べてない!」と言われたら、
否定しないで気をそらしてあげたり、いったん受け入れてあげることが大事だよって、
認知症のいろんなパターンでわかりやすく解説付きです。
今や年間20公演をこなす現役介護職員さんの人気劇団です。
私自身、年に一度このイベントに参加させて頂くことで、
家族の大切さを思い出せる大切なイベントです。
今年は当日のコメンテーターだけで準備に関われなかったけど、
6年間の学びが人から人へと確実に伝わっているのが嬉しかったな♡
生きているからこそ、ありがとうって言葉のハグが伝えられる。
生きているからこそ、愛する人を抱きしめる事ができる。
私の日本ハグ協会の活動の原点にも戻れる大切なイベントです
イベントって、始めるのは簡単だけど続けるのは本当に大変。
みんなの協力と熱い思いかあるからこそ!かとちゃん、
岐阜県の皆さん本当にありがとうございます。
応援に来てくれた社長塾のまーくん、
のりちゃんもありがとう!つるちゃんも相変わらず可愛かったー!♡
ホットなうちに投稿しときます。
みなさーん、ありがとうございました♡
はぐはぐ。

最新記事

2018年8月10日
2018年7月6日

テーマ


月別アーカイブ


このページのトップに戻る